Do you Know the mechanism of the RecycleShop ?
酸性土壌の緑化

植物は基本的に土から養分を吸い上げて育ちますが、土壌が汚染されていると不毛の土地になり、植物がほとんど育成しなくなってしまいます。たとえば酸性度が強い地面などは植物の成長には厳しい環境で、なかなか緑化することは難しいというケースも珍しくありません。

しかしながらそんな酸性土壌の緑化をも可能にする方法があります。それが植生マットやネット、シートなどを使用するという方法です。この方法はシートやマットに植物と肥料が埋め込まれおり、さらにそれと同時に酸性の土壌を中和する機能も兼ね備えているために、これを敷くことで植物育成が困難な土地でも緑化することが可能となります。

酸性土壌の緑化のポイントは植物の選定

酸性土壌の原因は、雨が降ることが一番の原因になります。土の中のマグネシウムやカルシウムを雨が降ることで土の中から洗い流してしまうことで賛成になってしまうからです。

酸性の土を好む植物もありますがほとんどの植物は、酸性には向きません。ですから酸性土壌の緑化をするときは、土壌の酸性度の分析をして植物が育つ環境を安定して維持、保護していくように考慮する必要があります。

表土が積雪や土砂の移動がある場合には、水路工で接触しないよう遮断することも必要になります。次に、どのような植物を選定して緑化していくかがとても大切で、気候や立地条件、経済性、安定性を考慮する必要があり、しっかり根を張った植物が災害を防ぐ効果も求められる地域もあります。根の張る植物や樹木と、永続性を考えた選択が望ましいです。ほかにも、シカやサル、ニホンカモシカなどの動物による食害も考慮しなくてはなりません。

酸性改良材は酸性土壌の緑化に有効です

酸性土壌の緑化を促進させるにはどうしたらよいでしょうか。日本では基本的に土壌が弱酸性であることが多いため、緑化を進めるには土壌の酸性度(pH)を植える植物にあわせ適正に調整することが重要です。

強酸性の土壌の場合は緑化が困難になります。酸性土壌の酸性度を調整するためには、アルカリ性に傾くように酸性改良材を使用し酸性度を調整します。

酸性改良材には生石灰や消石灰、炭カルなどが使用されます。生石灰や消石灰は水と反応して発熱する作用がるため扱いには注意が必要です。酸性土壌の緑化を行うには土壌の状態をよく確認し酸性度によって適切な改良剤を使用することが重要です。

酸性土壌の緑化工法のいろいろ

土壌はPH4.0以下だと植物は生育しません。酸性土壌の緑化にはいくつかの方法があります。それは場所や状態によって使い分けられています。

先ず、サンダーグリーン工法。これはサンダーパウダーと耐酸性VA菌根菌資材であるサンダーBioを使用したて法面の緑化をする方法です。次にチップクリート緑化工法で、伐採材チップとセメントミルクでコーティングしチップクリートとして固結し、その上に植生基材を吹き付ける方法です。そのほかに土壌菌を使用したもの、バイテクソイルを使用する方法などが酸性土壌の緑化方法として知られています。

酸性土壌の緑化 アルカリ性、酸性の調節の仕方

土地の酸性化の原因は、石灰や苦土、カリなどの成分が少なくなる事で起こります。日本は雨が多い気候の為、これらの成分が流れ出し、土壌が酸性化しやすいと言えます。酸性土壌では、微生物の活動が低下し有機物の分解も弱くなり、養分が欠乏しやすくなります。

そのため、酸性土壌の緑化をするためには、PHを調節する事が大事です。酸性土壌には、石灰資材を土に混ぜる事でphを調節出来ますが、アルカリ性に傾き過ぎないように気を付けなければなりません。多くの植物は、弱酸性〜中性の土壌を好むものが多い為です。

また、植物の種類によって、酸性土壌に強いもの、弱いものがありますので、それぞれの特質を理解した上で栽培、管理する必要もあります。

酸性土壌の緑化を進める為の調査

雨が空くない地域で、乾燥地帯である乾いた大地は酸性に傾きやすく、実際に荒れた大地には草木が少なく動物達もあまり生活していません。それでも、乾いた土地でも立派に生きている動植物達もいるので、それらの生態系を調査することが酸性土壌の緑化を促すことが出来ます。

酸性土壌の緑化には時間が掛かりますが、植物の生長を促すことが出来る栄養剤の利用によって早めることが出来ます。

まずは、酸性土壌の緑化を進めるため良い状態になるように勧めていく為の調査が必要です。実際にその土地に出向き、地質や天候がどのような状態であるのかを調べる必要があります。

土壌の除去などによる酸性土壌の緑化

比較的雨の多い日本では土壌に二酸化炭素が溶け込んだり、雨でアルカリ性の成分が流出したりして、酸性土壌が多くなってしまいます。土壌が酸性になると微生物の活動の低下や、栄養分の欠乏が起こり、植物が育ちにくくなってしまいます。では、どのようにすれば酸性土壌の緑化が可能なのでしょうか。

一つ目の方法は、石灰などアルカリ性の物質を適宜補給し、酸性土壌を中和することです。ただし、たくさん入れすぎると土壌がアルカリ性になってしまい、逆に植物が育たなくなってしまうので注意しましょう。

二つ目の方法は、植物の根が張る部分だけ元の土壌を除去し、植物に適正な土を補給することです。もちろん、この方法でも、雨により土壌が徐々に酸性になるので、定期的に石灰などを補いましょう。これらの方法を用いて、酸性土壌の緑化を試みてください。

酸性土壌の緑化にはバランスが重要

なぜ土地が酸性に傾いてしまうのかというと、その土壌に含まれている成分の酸性が、アルカリ性よりも強いためです。こちらの2つの成分のバランスに気を配ることが酸性土壌の緑化においてはとても重要です。

まずなぜ酸性に傾いてしまうのかというと石灰や苦土、カリなどのアルカリ成分が減少してしまうことが原因であることがほとんどです。そのため、こちらの割合が増やすことでバランスがとれます。

上記であげた成分をそのまま巻いてもいいですし、肥料として販売も行っているため、そちらを使ってもいいです。後気をつけなければならないのが、今度はアルカリ性に傾き過ぎないことです。

気になる酸性土壌の緑化

酸性土壌の緑化に関しては、近年、様々な研究が進められています。技術の進歩に伴い、大手の企業にとっても将来性に関わる重要な事柄として取り扱われることも多くあります。社会的なイメージ戦略のため、酸性土壌を緑化することに力が入れられ、顧客や取引先への大きなアピールとして利用されることがあります。

国や自治体などによってサポート体制が整えられている環境も非常に多く存在しているため、酸性土壌を緑化する方法やコストなど、疑問点を解消させながら取り組みを進める事も可能です。専門的なアドバイスが、目的への近道となるでしょう。

酸性土壌の緑化には植物の選び方が重要

酸性土壌の緑化の手段としては色々あるのですが、まず簡単にできることから個人的に進めて行くことが一番効率的で良いです。大事になってくるのが植物の選び方です。

基本的に植物は酸性の土を好みません。ですので、植えようと思っている土地の酸性がどれくらい強いものなのか、どういった酸性土壌の緑化対策をすればこの植物が育つのかを見極めて、それに応じた対策を取る必要があります。

酸性土壌の緑化では、できるだけ土に根をしっかりと張るような植物の方が安定した成長を見込むことができます。また木を健康に育てていくためには、気候だけなく、動物による被害なども考える必要があります。

酸性土壌の緑化については株式会社タイキへ。
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号