Do you Know the mechanism of the RecycleShop ?
酸性土壌の緑化による植生回復の利点

日本の土壌は雨水が酸性であるために、基本的に弱酸性ですが、土木工事などで出現するのり面などには、硫黄酸化物などが原因となって強酸性の土壌も存在します。これら強酸性土壌の緑化を行うことによって、植生の回復が見込まれます。

このことによって、そのままでは風化し、もろくなっていく一方である土壌を保護することができるという利点があります。特にのり面では、土壌の風化は土砂崩落などの危険性を高めることに直結します。このような土壌を緑化することにより、植生を回復すれば、根が土壌の中に張ることで崩落の危険性を抑えることが期待できますし、土壌表面を植物が覆うことにより風化の恐れもなくなります。

酸性土壌の緑化及びフィールドについて

酸性土壌の緑化は日本国内のあらゆるフィールドにおいての課題です。日本の土壌は元来火山灰土が多く、酸性雨の影響もあり酸性土壌が多くなっています。

酸性に傾いたことで植物が育つ条件に不可欠なリン酸を不溶化し、吸収ができなくなります。山を切り開き住宅開発や道路建設でむき出しになった法面は、放っておくと景観を損ねるだけでなく酸性水が流れ出し、近隣の樹木や作物にまで影響します。

法面を改良するには中和剤を使用しケイ酸によって生育を促したり、耐酸性VA菌根菌資材などを施しバイオの力で土壌を活性化することにより酸性土壌の緑化をしていきます。

酸性土壌の緑化にサンダーパウダーが使われる3つの理由

酸性土壌の緑化において比較的大規模な範囲や斜面においても採用例が多いのが、サンダーパウダーを使う工法です。

pH値が4.0以下となって植物の生育に不適となってしまった強酸性の土壌においても、サンダーパウダーであれば酸性土壌の緑化に必要な長期的な中和反応を求める事が出来るというのが第一の理由となります。

加えて中和反応の過程においてケイ酸を放出する作用があり、ケイ酸は一部の植物において有用な肥料となる事から、植物育成の促進化にも繋がる事が第二の理由となります。

更に第三の理由として、酸性土壌の緑化に使うサンダーパウダーが多孔質の組織を持っている事が挙げられます。保水性に優れるので、斜面等に用いても崩落等に強い土壌を作りだす事が出来るのです。

酸性土壌の緑化で土地に植物を甦らせる

酸性土壌の緑化とは、読んで字のごとく酸性に傾いてしまった土地を、多くの植物が育ちやすくなるために、適切なpHの値にするための技術や方法を指します。

日本の土地はその多くが酸性土壌です。その原因は雨が多い気候と農業にあります。雨水自体が酸性であるためと、作物の収穫後には土が酸性に傾くことが多いためです。その作物によって育ちやすいpH値には違いがあるものの、一般的には、弱酸性の土が多くの農作物が育ちやすい土壌と言われています。酸性土壌の緑化のために最もポピュラーな方法とも言えるのは、石灰(炭酸カルシウム)で矯正することです。農業だけでなく園芸でも、苦土石灰など使用することはよくあります。

苦土石灰の主な成分は炭酸マグネシウム、そして炭酸カルシウムです。これらを使用する目的は、土壌が酸性に傾き過ぎるのを防ぐことはもちろん、土に栄養を与えるためでもあります。

土壌の酸性化を防ぐことは、その地に緑を絶やさないために必要なことなのです。

酸性土壌の緑化の方法は植生マットを敷く

酸性土壌の緑化を実現する上でよく用いられる方法は、酸性土壌の上に植生マットを敷く方法です。土質の酸性度が強くなると植物が育ちにくい環境となるため、緑化させること自体が難しくなります。酸性土壌の原因は、本来、土の中に含まれているカルシウム分やマグネシウム分などのミネラル成分が少なくなることで起こります。そこで肥料と植物の種が存在するマットを敷くことで、植物が育つことによって緑化の実現を可能とすることもできます。

また酸性土壌の緑化では、植物が生え育つことで土壌自体の酸性度を中和させる働きがあるため、酸性濃度が高い土壌の状態を植物の生育に適した環境にすることも可能です。

酸性土壌の緑化を進めるために

日本では酸性土壌の緑化を進めることが温暖化や、砂漠化を防ぐためには欠かせない項目になってきます。

酸性土壌の緑化を進めるためには現在の土壌がどのような性質を持っており、どのような影響を植物に与えているのかを確認することがとても大切です。そういったことを調べるにつれて、どのような植物なら育っていくのかということも把握することができるようになってきます。

短い期間では改善できるような内容ではありませんが、酸性土壌の緑化についやす期間を短くすることはできます。そのためにも事前に自分達の土地について知っておくということはとても大切なことです。

酸性土壌の緑化を進める

酸性土壌の緑化という言葉を聞いたことがありますか?

酸性土壌とは酸性の強い土地のことを指す言葉で、実は日本の土壌のほとんどは酸性土壌なのです。こういった土壌だとどういった弊害があるのかというと、酸性が強すぎて植物が育ちにくいといったデメリットがあります。植物が育ちにくいということは現在生えている木はどんどん年をとっていくが、新しい木が中々生えないということになります。こういった土地でも新しい木が生えるように、改善していこうということで「酸性土壌の緑化」が日本のいたる所で現在頻繁に行われています。

沢山の企業が工夫を凝らして新しい酸性土壌の緑化方法にチャレンジしています。

酸性土壌の緑化については株式会社タイキへ。
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号