Do you Know the mechanism of the RecycleShop ?

レコード買取

レコードは、かつて音楽愛好家だけでなく一般の人も競って買ったものです。

しかし時代は移り変わり、今ではレコードを聴くのは音楽好きな人や、DJをやっている人が主になってきています。

ですが、なかには貴重な音源や、現在では手に入らないレコードもあり、発売当時よりも価値が上がっているレコードもあります。

ですから、手持ちのレコードを処分したいとお考えならば、ゴミとして出すのではなく価値を知っているリサイクルショップやレコード買取業者に依頼して買い取ってもらうことをおすすめします。

その際に、手持ちのレコードがどのくらいの価格になるのかの相場を知ることも大事です。

インターネット検索で知ることもできますし、まずは無料査定だけを依頼するのも良いでしょう。

レコード買取の相場

レコード買取の相場は、買い取ってくれるレコードショップによて異なりますので注意が必要です。それは、買い取ってくれるレコードショップには得意な音楽ジャンルがあるからです。

例えば邦楽に詳しいショップに洋楽のレコードの買取を依頼したとしても、その価値の相場を判ってくれないかもしれません。

パンクロックを専門に取り扱っているレコードショップにクラシック音楽のレコード買取を依頼したとしても、その価値の相場は判ってもらうことはできません。

ですので、音楽のジャンルを見極めて価値を判ってくれそうなレコードショップに買取の依頼をするのが賢明です。

価値のわかるリサイクルショップでレコード買取

音楽がダウンロードで買える時代になり、レコードはおろかCDまで前時代の音楽記録媒体と思われて久しいものがあります。

しかし、レコードは今となっては手に入れることが入手困難な音源が多数あり、いまだに音楽愛好家の間では価値があります。

さらに、パソコンをはじめとした録音機材がおおがかりなものでなくても家庭でカンタンに扱えるようになってきたため、かつて欲しかったレコードを今になって買い求めて、自分で録音したりして楽しむ人もひそかに増えてきています。

ですから、古いレコードをお持ちで、レコード買取に出そうかとお考えならば、価値のわかるリサイクルショップに依頼しましょう。

洋楽ならば、洋楽レコードを得意とするリサイクルショップに依頼すべきです。お店はインターネット検索でカンタンに見つかります。

レコード買取での査定

レコードはレコードプレイヤーがないと聴くことができません。今や貴重なものとなっています。

ただ、マニアにはいまだにレコードで聴くという人が比較的多いといいます。

また、アーティストの中にはCDだけでなくレコードも必ず生産するというパターンも珍しくないようです。

店舗に持って行き、CDやDVDやレコード買取をする時には、免許証などの自分を証明する物を持っていきます。保険証やパスポートなどでも良く、学生の場合には学生証を持って行きます。未成年の場合には、親からの印鑑(認印)の押された承諾証なども持って行きます。

ただし、印鑑(認印)がない場合は親の署名でも可能な場合もあるかと思います。

レコード買取をするお店には、専門知識を持っているスタッフが待機していますから、短い時間で査定をしてくれます。その間には店舗内を見てまわる事も可能です。

売ったお金で新しくほしいものを買うのもいいですね。

自分は不要でも、ある人には価値があるもの、これもエコの一種であろうと思います。