Do you Know the mechanism of the RecycleShop ?
植物に優しい酸性土壌の緑化

植物は土の養分を吸い上げて育っていきますが土壌の環境がよくないと、うまく育ちません。たとえば酸性度が強い地面などは植物が育たない環境といえます。土地の酸性化の原因は石灰やカリなどの成分が少なくなることが原因でおこります。

日本は世界的に見ても雨の多い国なのでこれらの成分が流れだしてしまって土壌が酸性化しやすくなっています。

酸性土壌の緑化をするためには、この酸性土壌のPHを調整をしていくことが大切です。

酸性土壌の緑化のために、土に石灰をまぜることで弱酸性から中性にすることが大切になっていきます。
どの調整がカギともいえます。

園芸や農作には欠かせない酸性土壌の緑化の技術

酸性土壌とは、一言で言うと、酸性反応がある土壌のことです。酸性土と言われる場合もあります。PH(水素イオン指数)が7から5以下のものを指します。

雨の多い地域で多く見られ、土壌中の塩基が流れ出してしまったり、酸性の物質が多く集まり過ぎたりすることなどが原因です。他にも酸性化しやすい地域として、火山灰を多く含んでいるところなどがあります。通常は耕作には向かない土地とされますが、農作や園芸を同じ場所で続けることによっても、少しずつその場所は酸性化していきます。要するに、日本の多くの土地は、先に述べた理由によって酸性化しているということです。その、酸性に傾き過ぎた土壌をバランスのとれた状態にもどし、農作や園芸に適した土地に改良するのが、酸性土壌の緑化ということです。

一般的な技術は、石灰(カルシウム)を使うものです。現代では酸性土壌の緑化促進ためのネットなども開発・販売されています。中和剤・植物育成促進剤・生育基盤剤などが配合されていて、長い期間にわたり安定した緑化を土地にもたらすことができます。

酸性土壌の緑化とマイクロスコープについて

酸性土壌の緑化ができれば、その場所に動物がやってきたりすることで、自然環境にプラスとして作用します。

酸性土壌の緑化を確認するための機材としては、様々なものを観察できる実体顕微鏡というものがあります。しかし、実体顕微鏡の観察可能な倍率は、一般的に二倍から三十倍程度しかありません。そこで、マイクロスコープを使用することが推奨されます。

マイクロスコープの観察可能な倍率は、一般的に数十倍から数百倍という高い倍率になっています。また、肉眼で直視するのではなく、モニターで観察する方法がとられるため、より詳しく土壌の状態を把握することができます。

酸性土壌の緑化に、マットでの植生回復

酸性土壌の緑化はたいへんな作業です。地上の土地は限られていますから、できる限り利用していきたいものです。

酸性土壌の緑化ができれば、土地の有効活用ができます。

酸性土壌の植生回復を図るには、ニュートラルマットのような、専用の植生マットを使うことが望まれます。強い酸性の土壌においても、このマットを使うと緑化が可能になると期待されています。土壌改良袋の中に、酸性土壌の中和剤や植物生育促進剤、生育基盤材などが詰まっていて、それを土の上にしっかりと固定させることによって、植物が根付き、育つようになるとされています。

酸性土壌の緑化の特徴

植物や野菜を育てる上で重要となるのは土壌の性質です。弱酸性を好む傾向にある植物をどのように育てるのか、効率や対策を考える場合、重要なポイントとなります。酸性土壌の緑化については、様々な技術が開発されており、日本の大部分はもはや酸性土壌であるとも言われています。

雨が降ったり、繰り返し植物や野菜を同じ場所で育てたりすることにより、だんだんと土壌が酸性化されていきますが、酸性に傾きすぎると修正する酸性土壌の緑化作業が必要となります。一般的には、カルシウムとされる石灰が使用され、酸性やアルカリ性に極端に傾かない事が、良い土壌を守るために必要です。

法面工法によって酸性土壌の緑化をする

法面緑化は、法面に植物を繁茂させるための工法で、法面の保護を図っています。酸性土壌の緑化をする為に、植物を植えることによって、雨水などによる法面の浸食を防ぎ風化を防ぐことも出来ます。周辺の環境に合わせた、植物を植える事によって、景観も守る事が出来ます。

法面緑化工法には、植物を法面に植える法面植栽工と、構造物等の問題で植物が生育出来ない法面の場合は、酸性土壌の緑化基礎工を行います。

急斜面の場合には、両方ともの工事をしたりと、地域や場所によって工事方法を変えています。酸性土壌の緑化工事は全国で行っていて、多くの法面を保護しています。

酸性土壌の緑化については株式会社タイキへ。
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号