Do you Know the mechanism of the RecycleShop ?
酸性土壌の緑化にサンダーグリーン工法

サンダーグリーン工法は、土壌pH4.0以上の植物が育たない酸性土壌の緑化対策に有効な工法です。住宅や道路建設のためにできた法面も酸性水が流れ出ることなく、美観も元通りの緑地に修復できます。

土壌中和剤のサンダーパウダーや、植物の育成を助ける耐酸性VA菌根菌資材のサンダーBioなどを土壌の地質やpHの度合いに合わせて用います。土壌を中和しながら徐々にケイ酸が溶出しますので、栄養を与えながら成長を促します。サンダーパウダーは粒が3mm以下と小さく混ぜ込みやすく、表面積が大きいので水分や養分を蓄えやすくなっています。

酸性土壌の緑化には菌根菌資材が有効

切土や盛土によって露出した地盤に、しばしば酸性土壌の緑化工を行う場面があります。緑化工を行う理由は、土壌のPHが4以下のためこのままでは普通の植物が育成できずに大雨等による土砂災害が起こるためです。大抵の人がPHを上げる方法に石灰などをあげますがそれには大量のお金や石灰などが非常にかかります。それらを解消するために研究開発されたのが菌根菌資材です。

菌根菌はキノコやカビなどの一種で、現在の所150種類以上もの菌根菌が発見されています。菌根菌を用いることで、酸性土壌でも普通の植物でも育成できるようになります。菌根菌資材は酸性土壌の緑化に非常に役に立ちます。

酸性土壌の緑化ができるようになれば、土砂災害防止に役に立ちます。

酸性土壌の緑化の為の酸性度計測方法

植物の多くは、弱酸性の土壌を好みます。酸性が強すぎたり、逆にアルカリ性が強すぎると、植物は元気に育ってくれません。酸性土壌の緑化では、中和という作業が必要となります。

そこでまずは、土の酸度がどうであるかを計測によって知ることが大切です。計測方法は様々ですが、主に2種類の測定方法があります。採取した土を水に混ぜて、その溶液に試験紙などを付けて色の変化を測定する方法と、直接地中に測定器の先端を差し込んで、付属の目盛によって測定する方法です。このように酸性土壌の緑化は、酸度の測定によって酸度を調整する作業から始まります。

酸性土壌の緑化に効果的なバイオスクラバー

市街地における土壌の緑化の対策には大気汚染等の影響で、土壌が酸性に傾いている事が有ります。酸性土壌の緑化にはまず土づくりから始める事が重要ですが、最も一般的な方法として石灰を混ぜ込んで中和させる方法があります。

しかし元々火山性地域でシラス土壌など、酸性土壌である場合には石灰では間に合いません。理由としては降雨による酸性化や、周囲から流れ込む雨水が酸性になっているためです。

酸性土壌の緑化の根本解決は周囲から雨水が流れ込まない状況を作るなど、シャットアウトする必要がありますが、生物化学的に処理する方法で、「バイオスクラバー」という微生物資材を土に混ぜ込み、定常的に中和させる方法があります。湿式のバイオスクラバーが販売されていますが、適度な湿り気が必要ですので水分バランスのコントロールが必要になります。

酸性土壌の緑化をする為の法面緑化とは

法面の保護を図る工法を、法面緑化といいます。法面に植物を繁茂させて、法面を保護する工法です。酸性土壌の緑化を進める為に、植物を植えることにより、雨水による法面の浸食を防ぐとともに風化を防ぎます。さらに環境と調和させることにより、景観を維持することも出来ます。

法面緑化工法には、植物を法面に取り入れる法面植栽工と、生育環境を整備する緑化基礎工があります。基本的には、どちらかの工事をすれば、酸性土壌の緑化をすることが出来ますが、急斜面の場合は両方ともの工事をして、法面を保護することもあります。

他にもいろいろな工法で、法面を保護し酸性土壌の緑化をしています。

酸性土壌の緑化については株式会社タイキへ。
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

環境対策のための酸性土壌の緑化について

様々な企業や地方自治体などによって行われている取り組みの一つに、酸性土壌の緑化が挙げられます。植物が土から養分を吸い上げて育つ際、土壌が汚染されていたり、成分が変わってしまっていたりすると、育成も難しくなってしまいます。

そんな時に活用されているのが植生マットです。ネットやシートタイプのものもあり、これらを利用すれば酸性に傾いた土壌でも早期に酸性土壌の緑化回復が可能となります。雨が降ってカルシウムやマグネシウムなどの成分が土の中へと流されてしまうのが、土壌が酸性化する主な原因とされています。

酸性土壌の緑化活動を行い植物を大切に育てることが、地球温暖化などの環境対策へも繋がります。