Do you Know the mechanism of the RecycleShop ?
酸性土壌の緑化できるネットについて

酸性土壌とは土が酸性化して植物が育ちにくくなることです。主な原因は雨で、空気中の二酸化炭素を取り入れて炭酸水になって降り注ぐため土が酸性になってしまいます。酸性になるとアルミニウムが溶け出して植物に吸収されます。そのアルミニウムが植物にとっては毒であり、植物が育ちにくくなってしまうのです。

その酸性土壌の緑化を促すためのネットが開発され、緑化に効果をもたらしています。

このネットには、酸性土壌中和剤、植物育成促進剤、生育基盤材を配合させているので、酸性土壌でも長期にわたって安定した緑化が可能になるのです。

酸性土壌の緑化をすすめて環境保護

植物が生育するには基本、土から栄養分を吸い上げて育っていきます。土壌が強い酸性となっている場所では植物の成長が望めない環境となっています。その酸性土壌の緑化は難しい場合もあります。

土地が酸性化するのは、日本は雨が多いことで、石灰やカリなどの成分が流れ出して土壌が酸性化していきます。そのような土壌では微生物の活動が低下し、有機物の分解も弱くなって養分が欠乏するようになります。それなので酸性土壌の緑化をするにはPHを調節することが必要となります。

酸性土壌の緑化に取り組んでいくことは環境保護の大切さを知ることになります。

酸性土壌の緑化に顕微鏡を活用する

酸性土壌になってしまう原因は、雨が土の中のカルシウムやマグネシウムなどのようなアルカリ性を示すミネラルを地下に流してしまうことによって起こります。酸性土壌を好む植物もいますが数は少なく、酸性土壌の緑化を進めていくには、顕微鏡で土壌の状態を調べて、土の状態を変えるか、或いは酸性土壌を好む植物を植えていくことです。

顕微鏡によって視覚として状況を把握できるので、その土壌にあった栄養成分を補うことが出来、酸性土壌の緑化を進めていくことに活用できます。沢山の緑あふれる大地に変えていくには、ミクロの世界がどんな風になっているのかを知る必要があります。

酸性土壌の緑化は緑化工事で実現できる

酸性土壌の緑化が難しいのは、土壌pHが4.0以上維持しないと植物は育たないからです。

酸性土壌の緑化工事は、中和作用のある粉を撒く事が基本となります。それだけでは不十分で、元々土壌のpHが4.0を下回る土地柄ですので、pHを下げる作用が存在し続けます。それに、中和作用のある粉は、別途排水や遮断対策で、雨に流されたりするのを防いでも、効果は次第に薄まってきます。

それを解決するのが、耐酸性効果のある菌が根付いた資材の設置です。これにより微生物が、植物と共生し、植物を力強く育てます。酸性土壌の緑化は、確実に実現するのです。

酸性土壌の緑化に必要な事

酸性土壌の緑化は、大手の企業にとっても重要な要素の一つとして挙げられます。社会への大きな貢献に留まらず、関連事業の将来性、さらに社会に対してのイメージアップなど、様々な可能性として活用されている項目でもあります。

植物や野菜を育てるには、酸性の土壌が理想とされています。酸性土壌の緑化に関連する活動を積極的に行うことで、顧客や取引先に対してのアピールが可能となります。

酸性土壌の緑化をすることは難しい事ではなく、土壌を調節する方法やコストなど、正しく把握することによって、より手軽に行うことができる取り組みでもあります。

酸性土壌の緑化については株式会社タイキへ。
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

マットを敷くことで酸性土壌の緑化ができる

日本においては土壌が、酸性の性質を持っているケースが多いとされています。しかしながら、その酸性質の土壌が強すぎてしまうあまり、植物が十分に育たないなどの問題も出てきています。マットを敷くことで、酸性質の高い土壌を改良できる酸性土壌の緑化グッツも出てきています。

手軽なものですので、酸性化で困っている人は活用してみてもいいかも知れません。この様な土壌における酸性質の問題は多くあり、多くの企業が酸性土壌の緑化活動に取り組まれています。

酸性土壌の緑化については、さまざまな方法があるとされていますので、まずは試してみる事が大切だと言えます。